• 生理
  • 更年期
  • 子宝
  • 大人ニキビ
  • 冷え症
  • 便秘
  • 不妊治療
  • Q&A

  • 生理痛はないのが正常です

    え?!

    生理痛ってあるのが普通でしょ?

    という声が聞こでてきそうですが、

    ぜーーーーーーーったいに知っておいてほしいのが正しい生理です。

    なぜなら、女性の体は生理リズムによって大きく左右されているから。

    生理の状態が悪いと、必ずと言っていいほど、心や体の状態が悪くなると言っても過言ではありません。

    10代の娘さんをお持ちのお母さんは、必ず確認してあげてくださいね。


    痛みは体の異常のサイン

    頭痛、腹痛、腰痛・・・「痛み」は体の異常のサイン。

    だったらどうして生理があるのが普通だと思うのでしょう?

    生理痛があれば、鎮痛剤で抑える



    良くないですよ〜、コレ。

    無理に我慢をする必要はないのですが、鎮痛剤がなくても大丈夫な生理を目指しましょう!

    漢方では、生理痛がある場合、子宮・卵巣の血流が悪い、冷えがある。というふうに考えます。

    なので、まず最初に、血の流れを良くして、体を温める漢方を使います。

    生理を変えてしあわせ体質

    すると、あ〜ら不思議。

    1ヶ月もすると生理が楽になってきます。

    そしてそれと同時に、落ち込んでいた気持ちが楽になったり、イライラしてパートナーに当たることがなくなって、二人の仲もしあわせモード。

    さらには、

    体がぽかぽかしてきたり、

    肌がキレイになったり、

    便秘が改善したりと

    たくさんのいいことが起こります。

    それくらい生理は女性の体のバロメーターになっているんですね。

    生理痛があるときに、最初に使う漢方が「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」です。効き目が良いのはもちろんですが、

    ほのかに甘くて飲みやすいので、数ある漢方薬の中でもとても人気があります。

    生理痛みがあると、不妊症や子宮筋腫・内膜症で困ったことになったり、女性ホルモンのバランスが崩れて更年期がつらくなったりすることが少なくありません。

    大げさでなく、健康な痛みのない生理で、しあわせな人生を手に入れましょう!

    <キケンな生理チェック!>

    □痛みがある

    □レバー状の塊がある

    □色が黒っぽい

    □生理前にすごくイライラする

    □仕事を休まないといけない

    □吐き気がする