• 生理
  • 更年期
  • 子宝
  • 大人ニキビ
  • 冷え症
  • 便秘
  • 不妊治療
  • Q&A

  • 生理周期は女性の体を左右する

    ★健康な毎日のために~生理周期は女性の体を左右する(小リズム)~★
    28~35日周期でくる生理。女性の体は、この間に大きなホルモンの変化が起こり、こころもカラダも影響を受けます。

    <生理期>
    生理が始まってからの数日間は、カラダもココロもだるく不調になりがち。
    ただし本当は、痛みがないのが正常です。
    痛みがあるということは、なにかの病気やトラブルのサインだと考えるのが当然。
    だるいとか、重い感じがする程度なら、あまり気にしなくてもよいのですが、強い痛みがあるときは要注意。痛みだけでなく、生理中の便秘や下痢、冷え、眠気なども、本来は起こらないんですよ。
    特に生理は、全身の血と気が子宮に集まってきます。血は温めると良く動き、ひやすいと滞るという性質があるので、しっかり温めて、経血として外にだすことで、トラブルなく過ごすことができます。1ヶ月に一度のデトックスだと思って、上手に生理を乗り切って、嫌な生理も逆に若さや美しさを保つための大きなチャンスに変えましょう。

    <るんるん期>
    生理が終わってからの2週間。
    生理が終わると、すっきりとして気分になりますが、これは女性ホルモンのはたらきで、ココロもカラダも好調な時期に入っているためです。
    卵胞ホルモンがたくさん分泌される時期で、そのために肌もツヤツヤと化粧ののりが良くなり、精神的にも安定してきます。
    漢方的にも、全身のめぐりがよくなり、まさに絶好調の時期。
    体調も良いので疲れにくいですし、多少の無理も効きます。
    体重も落ちやすく、ダイエットにもぴったりです。

    <ぶる~期>
    生理前1週間
    生理が近づいてくると、黄体ホルモンの影響が大きく出てきます。
    漢方的にも、全身のめぐりが悪くなり、トラブルが出やすい時期。
    体に水や脂肪をため込みやすい時期なので、体重が生理前に1kgくらいは増えたりしま
    す。自立神経のバランスも不安定になりがちで、ちょっとのことで落ち込んだり、イライラし
    てひとにあたったり。
    腸の働きも悪くなるので、便秘がちになったり、ニキビが出たり。
    肌の状態も不安定になってきます。
    ココロもカラダもブルーに、不安定になりがちなこの時期は、めぐりを良くすることを心がけて、無理をせずに過ごすことが大切です。