• 生理
  • 更年期
  • 子宝
  • 大人ニキビ
  • 冷え症
  • 便秘
  • 不妊治療
  • Q&A

  • 女性の体は7年ごとに変化する

    約2000年前に書かれた中国の医学書「黄帝内経(こうていだいけい)」には、「女性の体は7の倍数で変化する」という記述があります。

    大きな節目を意識して、体が必要としている手当てをしていくことで、トラブルを減らし、若々しく健康に年齢を重ねることができます。漢方でビューティフル エイジングを実現しましょう!

     

    7歳

    からだの腎気(生殖力)が充実し始める
    乳歯から永久歯に生えかわる


    14歳

    初潮が始まる
    思春期


    21歳

    妊娠力が充実する
    成熟期を迎え妊娠適齢期に


    28歳

    女性ホルモンが活発に分泌され、妊娠力(生殖力)がピークに


    35歳

    老化が始まり、肌や髪が衰え始め、妊娠力が落ち始める
    疲れやすくなる
    ボディラインがくずれ、乳房・おしりが垂れ、下腹がポッコリしてくる
    肌の乾燥、小じわが気になりだす。


    42歳

    体力の衰えが気になり始める
    白髪が目立ち始める
    肌の乾燥・かさつき
    ウエストが太くなり体型が崩れる
    集中力・記憶力が低下し始める
    ひざなどの関節や歯にトラブルが現れやすくなる


    49歳

    閉経が訪れる時期
    トイレが近くなる
    咳やくしゃみで時々尿漏れすることがある 骨がもろくなる
    深いシワや白髪が増える
    集中力・記憶力がさらに低下する
    不眠や不安感、涙もろいなど情緒不安定になる


    閉経以降

    足腰が弱くなり、ひざなどの関節にトラブルが・・・
    白内障などの眼の病気になりやすい
    聴力が低下して耳鳴りなどが起きる
    白髪が増え、髪が薄くなる
    思い込みが激しく頑固になりやすい