• 生理
  • 更年期
  • 子宝
  • 大人ニキビ
  • 冷え症
  • 便秘
  • 不妊治療
  • Q&A

  • 大人のニキビをやっつけろ!

    こんにちは。

    堀江朋子です。

    私自身が克服した大人のニキビだからこそ、あなたにも知ってほしいんです。

    今ではすっかり治ったニキビですが、昔は本当にひどくて悩まされました。鏡で自分のニキビ肌を見てはため息ばかり・・・。

    赤くて、熱を持ったニキビ

    治ってはまた出ての繰り返し。

    「あ〜、また出てる!」

    プチッ!

    なんて潰してたりもしていたので、悪化はするし、跡には残るし悪循環。

    (肌汚いとか思われてるのかな・・・?)

    と不安でしょうがなくて、とにかく隠すことに必死でした。

    コンシーラーで隠して、そのうえにファンデーションをたっぷり塗って・・・

    涙をながすほどつらかったニキビ

    そんな時、こんなニキビ肌の私に薬と化粧品の仕事???

    そう。

    堀江薬局に勤め始めた頃は、ニキビ肌で薬や化粧品の販売をしていることが、本当に本当にイヤでした。

    自分自身の肌が汚いのに、人をきれいにする仕事だなんて・・・。

    そのストレスで余計に悪化してしまっていたと思います。

    私のニキビ肌を見て、お客さんに「かわいそう」なんて言われたときは、涙が出るほどツラかったです。

    でも、『漢方養生法』を始めたことで今では、あの頃のニキビだらけだった肌が、嘘のようにキレイになりました!

    肌がキレイになってからは、気持ちも以前よりずっと明るくなって、仕事に対する自信もつきました。

    コンプレックスを治すことって、本当に大切です。自分が変われます。

    ニキビを治す『漢方養生法』

    漢方からみると、ニキビは体の中の悪い熱が、表に出てくるものだそうです。その熱を解決するためには3つのポイントがあります。

    ①便秘を治す

    食物繊維が腸内環境を良くするので、とても重要です。善玉菌やオリゴ糖も欠かせません。おなかにたまった便秘から毒素が出てニキビが悪化します。

    ②熱を取る漢方を使う

    血熱と言って、体の中の悪い熱を取ると、すーっと顔の赤みが引いていきます。1週間くらいで赤みがひきだすので、どんどん良くなる実感が持てました。

    体質やニキビのタイプによって異なりますが、「涼血清営顆粒(りょうけつせいえいかりゅう)」などを使います。

    ③炎症を鎮めるスキンケア

    化粧品の中に入っている成分が、ニキビ肌の人にとってはトラブルのもとになってしまいます。

    だから、肌が炎症を起こして赤くなってしまったり、膿を持ってしまったときには、肌に負担をかけない化粧品が大切です。

    無添加だというだけではダメで、その上で、炎症自体を抑えてくれる効果がないと、赤みがひきません。

    最悪なのは、昔の私がしていた「つぶす」「ストレス」「厚化粧」。。。

    悪化の原因になるので要注意です!

    ずっと悩んで涙まで流したニキビ肌がキレイになって、本当にうれしいです。だから、あなたもこの喜びを伝えたいです。

    ニキビは治ります!

    一緒に治しましょう!

    ひとりで悩まず、今スグ相談してくださいね!